どんなにセックスがしたい気持ちが抑えられない場合でも、女性であることから見知らぬ男性と会うと言うことに対して、怖さを感じるものです。
本当に久しぶりのセックスになるわけで、凄くドキドキした気分があった反面、怖いという気持ちもやはり強く持っていました。
メールや無料通話をして相手とコミュニケーションをとることが出来たから、それを信じて会う約束をしたわけですけど、それでもやはり肉体的な反応のほかに、精神的に怖いという気持ちを抑えることが出来ませんでした。
それに自分が考えているような、たっぷりとセックスをしてくれる相手かどうかと言うことも、実際に関係を持たなければ分らないのです。
待ち合わせ当日は、本当に緊張しながら約束の場所に出かけて行きました。
時間より少し遅れてその場に到着したのですが、出会い系サイトでやりとりをした彼が待っていてくれました。
挨拶だけしてすぐにラブホテルに移動になったのですが、本当に心臓がバクバクいっていて顔も赤くなっていたかもしれません。
彼も緊張してるのが何となく態度でわかるし、余計にこちらも舞い上がってしまうような感じがしてしまいました。
一つしか違わない相手ですから、友達感覚でと考えてはいたのですが、それでもやっぱり初めて会う人でしたから、わたしの気持ちはなかなか落ち着くことがありませんでした。
それでも性欲の方はかなりたまっている状態だったし、セックスのことで頭がいっぱいになっている感じにもなっていたのです。
セフレ初体験の相手の男性は、ホテルに入るとすぐにわたしのスカートをまくり上げてきたり、お尻を触ったりしてきました。
それでキスをされて彼が舌をいれてくるんです。
そのままベッドに押し倒されていき、服を脱がされて彼に愛撫されていたのです。
彼のとっても硬いオチンチンを触ったり口に挿れたりして、久しぶりの性薬興奮状態になっていきました。
沢山の前戯をしてもらって、長時間の挿入をなんて思いながら彼のオチンチンを受け入れてきましたが、凄く早く終わってしまったんです。
えっ…本当にそんな感じだったんです。

男の人ってみんなすぐに発射して終わってしまうの?あまりの早漏ぶりに呆然としてしまいました。
本当はどんどん突かれて何度も絶頂を味わいたんのです。

 

定番優良サイト登録無料
セフレ募集サイトBEST5
性欲の強いセフレを調達しているサイト